私たちは、子育てについて、習ったことも、教わったことも、おそらくない人の方が多いでしょう。

出産して、赤ちゃんを抱いて、いざ、退院というときに、子育てって何?の疑問にぶつかります。

子どもは「育つ力」と「やりとりする力」を持って生まれてきます。

そう、子どもは、生まれつき「育つ力」の能力を持っています。

ですので、私たち親が肩の力を入れて、育てるぞっとしなくてもいいのです。

子どもは自ら持った「やり取りする力」を持って、私たち親と接してきます。

例えば、赤ちゃんが、私たち親の声に、笑ったり、真似をしたりすると嬉しいですよね。

そして、もっと、もっと、赤ちゃんに話しかけたり、一緒に笑ったりして楽しい時間を一緒に過ごしますよね。

これは、赤ちゃんは自身が持っている、「やり取りする力」によって成立しているのです。

私たち親は、子どもに、愛情を持って接してあげるだけでいいのですよ。

私たち親は、子どもに選ばれたのです

子どもは、そのたましいに、その子だけに与えられたミッション(生きる意味と使命)を刻まれて、この世に生まれてきます。

そのため、子どもの魂は、見えない世界からやってきて、この世界に降りてくるときに、お母さんとお父さんを、そして、その DNA を選んでこの世に生まれてきたのです。

そのため、天の上の、見えない世界にいる時から、お子さんの魂は、お母さんとお父さんを、じっとみていて選びます。

「この人たちのもとに降り行こう。

この人たちのDNAを、この地上の世界での、自分の体としてお借りしよう。

そうすれば、自分が成すべきことを成し遂げられることができそうだ。

この人たちなら、自分のミッションを果たすために必要な愛情と栄養とDNA。

そして成長のために必要な厳しい試練も与えてくれそうだ」と

お母さんとお父さんを選んで、ゆっくりとこの世界に降りてくるのですよ。

最後に、子育てって何、子育ってどうやるの?

私たち、親が、子供の成長を見守り、そして、助けることです。

ですので、「育てよう」と肩の力を抜いて、わが子の「育つ力」を信じてみましょう。

私たち親は、子どもに、たっぷりの愛情を持って接してあげるだけでいいのですよ。

最適な子育ては、子供がちゃんと教えてくれるのです。

安心して気楽に子育てを楽しみましょう。